ブログ

Blog

木材価格高騰中

 
2021年04月08日
 

 
 
木材価格が高騰しています。理由は世界的なコンテナ不足による外国産米加材、欧州材、
ロシア材の入荷減と相まって米国での建設が好況のため産地価格が高騰しています。
また、中国の木材購入の増大等が主なことです。約半世紀前に木材価格が午前と午後
で相場が変動したという話を聞いたことがありますがそれ以来の状況です。当時と現在
では流通体系が異なっているので、当時を参考にすることは出来ません。予測不能の事態で、
業界紙でもウッドショックとして記事になっています。簡単に説明しますと、米加産の
SPF材が桧の単価と同じになりました。これは、木材業界では信じられない価格です。
コロナ禍で、生活が変わったと言われていますが、木材流通も大激変しています。
今回の状況で、住宅の建築コスト上昇は避けられないこととなると想定されます。
外国産の木材シェアが約70%なので当然国産材が注目され、国産の原木価格も上昇傾向
にあるようです。すなわち、山林所有者、林業従事者の方にとっては生産意欲が湧いて
来ると考えられます。そして、次世代に繋ぐ山林経営が可能となる利益が生産者の還元
されることのきっかけになることに期待したいと思います。生産者のおかげで製品を
有難く仕入れることができるからです。