HOME > ブログ > フィトンチッドはコロナウィルスに効果があるようです

ブログ

Blog

フィトンチッドはコロナウィルスに効果があるようです

 
2021年08月26日
 

 
 
昨年の6月当ブログで木材はコロナウィルス抑制効果があるのではと言う記事を書かせていただきました。やはり、木材に含まれるフィトンチッドはコロナウィルスの不活性化の効果が確認されたということです。フィトンチッドジャパンさんが2月にプレリリースされています。当初から木材はインフルエンザウイルスに効果があるので、コロナウイルスにも効果があると期待していました。コロナウイルス不活性化効果が確認されたことで、木材の魅力、価値、可能性が益々高まってくると思います。フィトンチッドの効果を最大限に享受できるのは森林浴です。リラックス効果もあり、コロナ対策としても効果があるということなので、身近な森林公園等に散策されてはいかがでしょうか? また、木材の香りの中にもフィトンチッドは含まれています。内装に無垢の木材を使うことでひとの免疫力をたかめてくれる効果があります。森林や木材は感覚的に日本人が愛着を感じることが多い素材だと思います。その森林や木材のを歴史をひもといて温故知新としてとらえると昔は森林とともに生活してきました。そして木材は道具、家具、住宅として多用されてきました。無垢材でつくられたものはしっかりと手いれされたものはヴィンテージとして残っています。そして、今日では構造材としての強度、ひとの健康に効果があること等を科学の力で検証、証明が可能となりました。サーモウッドやアセチル化による利用法も考案されています。木材は循環型資源であり、利用、成長のサイクルを保つことで未来にも利用価値のある素材です。梢から根っこまですべて使うことも可能です。健康というキーワードからも木材はとても魅力、可能性がある素材です。材木屋は仕事柄木に囲まれ、木材を担いでいるのでコロナ感染が起こりにくいという持論がほぼ正しかったとに安堵しています。